Filmora11(フィモーラ11)で画像を動かす方法まとめ

  • URLをコピーしました!

この記事では、Filmora11(フィモーラ11)で画像を動かす方法について解説していきます。

Filmoraには購入から30日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

Filmoraを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

Filmoraは、時々割引キャンペーンも行っています。最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

Filmora公式サイトはこちら
※今なら30日間全額返金保証

目次

Filmora11(フィモーラ11)で画像を動かす方法

[ここにメディアファイルをインポートする]をクリックする

[ここにメディアファイルをインポートする]をクリックします。

字幕を入れたい動画素材を選択し、[開く]をクリックする

ウィンドウが立ち上がるので、字幕を入れたい動画素材を選択し、[開く]をクリックします。複数選択の場合はキーボードの[Ctlr]を押しながらクリックします。

選択した動画ファイルが、Filmoraに読み込まれました。

動画をダブルクリックする

動画をダブルクリックします。

[アニメーション]のタブをクリックし、[プリセット]を選択する

[アニメーション]のタブをクリックし、[プリセット]を選択します。

[プリセット]の項目を確認すると、アニメーションプリセットやモーションプリセットから様々な画像の動かし方を選択できるようになっています。

画像の動かし方が決まったら、ダブルクリックする

画像の動かし方が決まったら、ダブルクリックします。

ダブルクリックすると、タイムライン上の画像に○(キーフレーム)が表示される

ダブルクリックすると、タイムライン上の画像に○(キーフレーム)が表示されます。

(キーフレーム)を左右にドラッグして速度を調整して下さい。

タイムライン上の画像に表示されている○(キーフレーム)を左右にドラッグして速度を調整して下さい。

速度調整後、[OK]を選択する

速度調整後、[OK]を選択します。

カスタマイズ

画像の動き方を自分で設定したい人もいると思うので、そのカスタマイズ方法を解説します。

[カスタマイズ]という項目をクリックする

[カスタマイズ]という項目をクリックするとこのような画面が表示されます。

[追加]というボタンをクリックする

[追加]というボタンをクリックすると、キーフレームがタイムラインスライダーがある位置に追加されます。

2つ目のキーフレームを少し先の部分に追加する

1つ目のキーフレームが始点になるので、次は終点である2つ目のキーフレームを少し先の部分に追加します。

キーフレームをダブルクリックすると、スケールや不透明度を設定することができる

キーフレームをダブルクリックすると、スケールや不透明度を設定することができます。

ここで、スケールや不透明度は自由に設定できます。

最後に[OK]をクリップしてください。

[OK]をクリックし、設定を完了します。

Filmora公式サイトはこちら
※今なら30日間全額返金保証

Filmora11(フィモーラ11)で動く吹き出しの作り方

Filmora11(フィモーラ11)で動く吹き出しの作り方については、以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
Filmora11(フィモーラ11)で動く吹き出しの作り方まとめ この記事では、Filmora11(フィモーラ11)で動く吹き出しの作り方について解説していきます。 【Filmora11(フィモーラ11)で動く吹き出しの作り方】 [ここにメディアファイ...

Filmora公式サイトはこちら
※今なら30日間全額返金保証

まとめ

この記事では、Filmora11(フィモーラ11)で画像を動かす方法について解説しました。

Filmoraには購入から30日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

Filmoraを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

Filmoraは、時々割引キャンペーンも行っています。最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

Filmora公式サイトはこちら
※今なら30日間全額返金保証

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる