FilmoraとPowerDirectorを比較! どっちがおすすめ?

  • URLをコピーしました!

この記事では、Filmora(フィモーラ)PowerDirector(パワーディレクター)の比較について解説していきます。

Filmoraには購入から30日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

Filmoraを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

Filmoraは、時々割引キャンペーンも行っています。最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

Filmora公式サイトはこちら
※今なら30日間全額返金保証

目次

Filmora(フィモーラ)とPowerDirector(パワーディレクター)の比較

PowerDirectorとFilmora主な編集機能の比較チャート

ソフトの主な機能 Filmora11(フィモーラ) PowerDirector17(パワーディレクター)
[基本の操作性]
入力、カット、分割、結合などの基本の操作
  • 編集画面のタイムライン上にドラッグアンドドロップで入力し、カット・分割・結合の作業が簡単に行えます。
  • BGMの挿入、時間調整やノイズ除去も行えます。
  • 編集画面のタイムライン上にドラッグアンドドロップと、入力はFilmoraと同じです。
  • カット・結合・オーディオエディター・オーディオダッキング機能もあります。
出力(対応フォーマット)
  • WMV・MP4・AVI・MKV・TS・3GP・HEVC
  • MOV・MP3・F4V・MPEG-2・WEBM・GIF
  • 最新フォーマット対応
  • 4K UltraHD
  • 360度動画のH.265/HEVC 出力に対応
  • Dolby & DTS 5.1ch の入出力に対応他数十種類対応
[高度な編集]
早送り、スロー、字幕の挿入やテキストの編集
  • PIP機能
  • スピード調整機能(動画クリップを10倍速やスローで再生)
  • 逆再生編集機能
  • テキスト編集機能(色・フォント・文字の大きさが自由に変更可能)
  • 字幕の挿入(タイトル・テロップ字・字幕のエレメントが約100種類)備わっています。
  • PIPデザイナー・PIPエフェクト
  • ビデオスピードデザイナー
  • 逆再生変換機能
  • テキストデザイナー(色・フォント・文字の大きさが自由に変更可能)
  • 字幕機能
  • 360度カメラ

上記機能でテキストワイプの編集も簡単です。

[搭載エフェクト]
(充実の度合いによってはYouTuberに有利)
  • トランジション(178種類)
  • フィルター(149種類)
  • オーバーレイ(87種類)
  • テキストクレジット(137種類)オープナーも含まれます。
  • 豊富なエフェクトでVFX効果も簡単に付ける事が出来ます
  • トランジションデザイナー
  • フィルター(数十種類)
  • オーバーレイ(数十種類)

有料版では背景(ざぶとんのサポート)モリサワフォントやタイトルの特殊効果が追加されました。

ソフトに対するサポート-関連
  • 各機能に対する操作方法のチュートリアル動画
  • ソフトの[ヘルプ]から直接アクセスでき、YouTubeチャンネルでの編集や撮影のテクニックやコツがわかる動画によるサポート(YouTuber必見)
  • 各機能に対する操作方法のチュートリアル動画
  • ホームページからダウンロード出来るPDFによる取扱説明書

Filmoraは他にもズームアウトやパン、自動クロップ/リサイズ、選択するだけで映画のようなカラーグレーディング効果を適用できる3DLutなどの機能があるので、高性能な動画編集ソフトと言えるでしょう。

PowerDirectorは、現在最も高速なビデオ編集ソフトです。一方、Filmora は、その使いやすさで人気があります。

PowerDirectorとFilmoraの機能を比較すると、PowerDirectorの方がより多くの機能を備えており、創造性を最大限に発揮するための高度なオプションがあることが分かります。

しかし、FilmoraはPowerDirectorのすべての機能を備えているわけではありませんが、だからといって、素晴らしいビデオを作ることが制限されるわけではありません。

PowerDirectorには、360度ビデオ編集機能があり、あなたの創造力のレベルに応じて、希望するアングルや他の多くのオプションに映像を合わせることができます。しかし、Filmoraにはこのような機能がないため、このような効果を利用したい場合は、制限される可能性があります。

価格について

ビデオ編集ソフトのサブスクリプションの料金に違いがあります。PowerDirectorは、UltraまたはUltimateの場合、13314円から17307円の間で開始料金が高くなります。

しかし、PowerDirector 365にすると、Filmoraが5324円からなのに対し、月額576円という安い料金で利用することができます。

さまざまなユーザーのニーズに応えるため、PowerDirectorはいくつかの価格戦略を用意しています。一方、Filmoraは新しく発売されたばかりで、個人、企業、学者など、それぞれの立場に応じてさまざまな価格を設定しています。

Filmora11(フィモーラ)有料版の値段については、以下の記事をご覧ください。

Filmoraの教科書
Filmora11(フィモーラ)有料版の値段はいくら?料金・価格まとめ | Filmoraの教科書 この記事では、Filmora11(フィモーラ11)のライセンスの料金について解説していきます。 Filmora11の値段はいくら?プランごとの料金を比較! Filmora11の正式な価格は以下の...

使いやすさ

いくつかの機能があるため、PowerDirectorのユーザーインターフェースは Filmoraよりも複雑になっています。

また、Filmoraには、エフェクトやトランジションの検索オプションがありません。現在、PowerDirectorは18種類の新しいトランジションエフェクトを誇り、感動的な映像の制作を可能にしています。

一方、PowerDirectorには、簡単に使える高度な機能がいくつかあります。例えば、[エクスプレスプロジェクト]を使えば、豊富なテンプレートから好きなものを選ぶことができます。

テンプレートには、エフェクト、アニメーション、音楽、トランジションが含まれているので、動画を追加して、制作コマンドを押すだけです。

編集について

PowerDirectorとFilmora11のタイトル編集を比較すると、PowerDirectorに追加された機能はあるものの、ほぼ同じように機能します。

PowerDirectorでは、動画やタイトルにグラフィックの要素をブレンドし、より目立たせることができます。また、Filmoraのモーショントラッキングは、動画内の移動するポイントにテキストやグラフィックを合わせるために使用されます。

編集ソフトには、動画を合成するオプションがあるものと、ないものがあります。

FilmoraとPowerDirectorを比較すると、後者には優れたビデオコラージュデザイナーがあり、オープニングとエンディングをアニメーション化した変更可能なコラージュを作成することができます。このような高度な機能がないため、Filmoraのエディタではこのようなことは実現できません。

エフェクトについて

エフェクトは、あらゆるビデオ編集ソフトウェアで最も重要なものです。そのため、エフェクトの数と有用性は、作成されたビデオの品質に影響を与える可能性があり、また、任意のビデオ編集ソフトウェアの価値を決定することができます。

Filmora11(フィモーラ) PowerDirector17(パワーディレクター)
  • トランジション(178種類)
  • フィルター(149種類)
  • オーバーレイ(87種類)
  • テキストクレジット(137種類)オープナーも含まれます。
  • 豊富なエフェクトでVFX効果も簡単に付ける事が出来ます
  • トランジションデザイナー
  • フィルター(数十種類)
  • オーバーレイ(数十種類)

有料版では背景(ざぶとんのサポート)モリサワフォントやタイトルの特殊効果が追加されました。

PowerDirector

PowerDirectorは、最速のビデオ編集ソフトウェアです。そのため、制作する動画のスピードとクオリティを高める独自の機能やエフェクトを搭載していることが期待されます。

PowerDirectorは、クリップがサムネイルで表示されるストーリーボードを備えています。これは、編集の進捗状況を確認できるため、複数のクリップを含む大きなビデオファイルを扱う作業を整理する際に特に役立ちます。

しかし、より細かく編集したい場合は、タイムラインを使用した方が良い結果を得ることができます。このソフトは、ぼかしやスタイル、花火やバーチャルな滝など、幅広いエフェクトを提供します。エフェクトはロマンスのためのものを含むカテゴリに分類されているので、このソフトウェアは優れた結婚式のビデオを作成することができます。

 

キャプションボックスのようなビデオオーバーレイと電球、回転星、ロマンスに無数の選択などのアニメーションは、PowerDirectorは、ほとんどの人のための選択肢となる効果です。ビデオを美化したい場合は、粒子効果を入手できるセクションがあります。20以上のプリセットオプションは、ビデオに洗練されたタッチを提供するために、別の画面で制御するのが最適です。

さらに、動画に絵画のような雰囲気を出したい場合は、人工知能風のプラグインを利用することができます。ただし、映像は格段に良くなりますが、システム全体にかなりの負担がかかります。

PowerDirectorは、安定性のための優れた機能と相まって、360度編集効果を提供するビデオ編集ソフトウェアの1つです。また、モーショントラッキングのオプションやアクションカムの利用も可能で、編集の利便性をさらに高めることができます。

Filmora

前バージョンとは異なり、Filmora11にはいくつかのオーディオおよびビジュアルエフェクトがあり、エフェクトパネルから簡単にアクセスすることができます。エフェクトは用途に応じてフォルダーに分類されています。同じパネルには、過去に保存したプリセットが表示されています。

Filmoraのテキストとタイトルは、従来のバージョンにはなかった新しい機能であるエッセンシャルグラフィックパネルで見つかります。インポートボタンをクリックすると、エッセンシャルグラフィックパネルからプリセットされたタイトルがメディアパネルに表示されます。

ドロップダウン・リストには、いくつかのデザインのテキストが用意されているので、印象に残ったものを選ぶことができます。

ライトとフレアは、編集中のビデオの美的価値を高めます。Filmoraでは、これらの効果を効果パネルから選択することで行うことができます。フレアからセンサーに反射した光は、筋やポリゴン、ハローのように見える。様々なタイプのライトが用意されているので、映像に合った調整をすることができます。

ライトやフレアの効果をFilmoraとPowerDirectorで比較すると、効果や精度に若干の違いが見られ、PowerDirectorが最も優れていることが分かります。

 

ビデオ編集では、音声や映像信号のゆがみや歪みが発生することがあります。Filmoraの歪みオプションは、映像にグラフィックを配置したり、映像の視覚的な属性をどのように変化させるかを確認するために、単に画像を操作するのに役立ちます。

また、レイヤーの形状や見通しを変更することもできます。十分なクリエイティブがあれば、歪みの効果はビデオやアートの結果に大きな影響を与えることができます。

Filmora11(フィモーラ11)エフェクトの使い方については、以下の記事をご覧ください。

Filmoraの教科書
Filmora11(フィモーラ11)エフェクトの使い方を解説 | Filmoraの教科書 この記事では、Filmora11(フィモーラ11)エフェクトの使い方について解説していきます。 Filmora11(フィモーラ11)のエフェクトの使い方 Filmoraのエフェクトは、ビデオや画...

Filmora公式サイトはこちら
※今なら30日間全額返金保証

PowerDirectorとFilmoraはどっちがオススメ?

PowerDirectorとFilmoraを比較分析した結果、どちらが優れているのか知りたくなったかもしれません。とはいえ、何を実現したいのかによって、どちらかが優れていると考えるしかないでしょう。例えば、スピードという点では、PowerDirectorは最速です。一方、Filmoraは、YouTubeなどのソーシャルメディアにアップロードするための動画を作るのに適しています。

そのため、もしあなたがYouTuberで、そのような動画を作るためのソフトさえあればいいというのであれば、Filmoraを購入するのが理想的でしょう。しかし、結婚式などの大きな動画を編集するのであれば、[PowerDirector]の方が[Filmora]よりも高度なエフェクトを備えています。

 

さらに、この2つには異なる利用料が設定されているため、ビデオ編集ソフトを探しているが、予算が限られている場合は、Filmoraを選ぶべきでしょう。

先ほど見たように、FilmoraとPowerDirectorの操作性には違いがあります。そのため、ノウハウのレベルによっては、Filmoraの方が使いやすいという人もいるでしょう。

つまり、初めて購入する人は、より使いやすいFilmoraから始めた方が良いということです。

Filmora11(フィモーラ)のダウンロード版ライセンスを購入方法については、以下の記事をご覧ください。

Filmoraの教科書
Filmora11(フィモーラ)のダウンロード版ライセンス購入方法まとめ | Filmoraの教科書 この記事では、Filmora(フィモーラ)のダウンロード版ライセンスを購入する方法について解説していきます。 Filmora(フィモーラ)のダウンロード版ライセンスを購入する方法 ...

Filmora公式サイトはこちら
※今なら30日間全額返金保証

まとめ

この記事では、Filmora(フィモーラ)PowerDirector(パワーディレクター)の比較について解説しました。

Filmoraには購入から30日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

Filmoraを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

Filmoraは、時々割引キャンペーンも行っています。最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

Filmora公式サイトはこちら
※今なら30日間全額返金保証

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次