Filmora11(フィモーラ11)を使ってDVDを作成する方法

  • URLをコピーしました!

この記事では、Filmora11(フィモーラ11)を使ってDVDを作成する方法について解説していきます。

Filmoraには購入から30日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

Filmoraを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

Filmoraは、時々割引キャンペーンも行っています。最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

Filmora公式サイトはこちら
※今なら30日間全額返金保証

目次

Filmora11(フィモーラ)を使ってDVD作成する方法

メイン画面にある[エクスポート]ボタンをクリックする

動画を編集した後、メイン画面にある[エクスポート]ボタンをクリックします。

左側にいくつかのアイコンが並びますので、DVDを選択する

[エクスポート]ボタンをクリックすると、左側にいくつかのアイコンが並びますので、DVDを選択しましょう。

出力時にはさまざまな項目を選択できる

出力時にはさまざまな項目を選択できます。

ここをクリックするとDVD作成画面に切り替わり、詳細設定後に出力するとDVDを作成することが出来ます。

アスペクト比

アスペクト比というのは、画面の縦横の比率を表したものです。

テレビ規格

この項目は[液晶テレビで使われる規格]の事で、基本的に日本では[NTSC]しか使わないという認識でOKです。

エンコードモード

FilmoraではCBRとVBRが利用可能です。

  • CBR:データの送信レート値が一定になるようにエンコードする方法
  • VBR:送信レート値を変動させることが出来るエンコード方法

基本的に初期値の[CBR]で問題ないです。

ビデオ画質

ビデオ画質の項目は、[最高画質][高品質][標準品質]の3種類から選べるようになっています。

品質が高いほど、より正確な映像が出力されます。一方、画質を高くすると、映像のサイズが大きくなります。長い動画は、画質の面を調整することで、ディスク枚数を節約することができます。

DVDディスクの種類

DVDにはいくつかの種類があります。例えば、[D5]と[D9]の違いは容量です。

[D5]の最大容量は4.7GBで、これを片面1層のDVDと呼びます。一方、[D9]は最大容量が8.5GBで、2層DVDと呼ばれ、[D9]では[D5]の約2倍の長さの映画を保存することができます。

ただし、一度DVDを焼くと、その後の追記はできません。そのため、映像のサイズに合った容量のDVDディスクを使用することをお勧めします。

DVDに書き込むだけであれば[DVDに書き込み]のところだけチェックする

最後の[出力設定]については、DVDに書き込むだけであれば、[DVDに書き込む]にチェックを入れればよいです。

画面右下にある[出力]をクリックする

全ての準備が整えば、画面右下にある[出力]をクリックすればOKです。

ここで、Filmora11(フィモーラ)を使ってDVD作成は完了です。

Filmora公式サイトはこちら
※今なら30日間全額返金保証

まとめ

この記事では、Filmora11(フィモーラ11)を使ってDVDを作成する方法について解説しました。

Filmoraには購入から30日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

Filmoraを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

Filmoraは、時々割引キャンペーンも行っています。最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

Filmora公式サイトはこちら
※今なら30日間全額返金保証

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次