Filmora11(フィモーラ11)で動く吹き出しの作り方まとめ

この記事では、Filmora11(フィモーラ11)で動く吹き出しの作り方について解説していきます。

Filmoraには購入から30日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

Filmoraを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

Filmoraは、時々割引キャンペーンも行っています。最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

Filmora公式サイトはこちら
※今なら30日間全額返金保証

目次

Filmora11(フィモーラ11)で動く吹き出しの作り方

[ここにメディアファイルをインポートする]をクリックする

[ここにメディアファイルをインポートする]をクリックします。

字幕を入れたい動画素材を選択し、[開く]をクリックする

ウィンドウが立ち上がるので、字幕を入れたい動画素材を選択し、[開く]をクリックします。複数選択の場合はキーボードの[Ctlr]を押しながらクリックします。

選択した動画ファイルが、Filmoraに読み込まれました。

編集機能タブの[タイトル]をクリックする

編集機能タブの[タイトル]をクリックします。

[漫画風]をクリックし、吹き出しを選択する

[漫画風]をクリックし、吹き出しパックを選択します。

吹き出しパックが決まったら、タイムラインにドラッグ&ドロップする

吹き出しパックが決まったら、タイムラインにドラッグ&ドロップします。

トラックの[吹き出しパック]をダブルクリックする

トラックの[吹き出しパック]をダブルクリックします。

[吹き出しパック]をダブルクリックし、[高度編集]を選択する

[吹き出しパック]をダブルクリックし、[高度編集]を選択します。

吹き出しを編集

[塗りつぶし]のチェックを外して、[図形の枠線]のサイズを22に変更します。

レイヤー入れ替え

トラックの左端をドラッグして、テキストが上に来るように入れ替え、吹き出しの中心に移動しましょう。

テキストの編集

吹き出し内のテキストを編集しましょう。

[テキストを入力する]エリアでは、[コンテンツ]を入力してください。

アニメーション設定

アニメーションを選択します。

アニメーションを追加して吹き出しに動きを出しましょう。

アニメーションを選択し、[OK]をクリックする

アニメーションを選択し、[OK]をクリックします。

ここで、Filmora11(フィモーラ11)で動く吹き出しの作成は完了です。

Filmora公式サイトはこちら
※今なら30日間全額返金保証

まとめ

この記事では、Filmora11(フィモーラ11)で動く吹き出しの作り方について解説しました。

Filmoraには購入から30日間全額返金保証がついていますので、リスクフリーでお試しできます。

Filmoraを実際に使ってみて、もし気に入らなかったら、公式サイトのお問い合わせフォームから一言「Please refund.」と送るだけで全額返金してもらえるんです。

Filmoraは、時々割引キャンペーンも行っています。最新割引情報は、以下のリンクからご確認くださいね。

Filmora公式サイトはこちら
※今なら30日間全額返金保証

よかったらシェアしてね!
目次